美容液の使い方

美容液の使い方が間違っていると、キチンとしたスキンケアはできません。

美容液の使い方は、化粧水の後とは限らず、洗顔後すぐに使うことで細胞の賦活効果を高めるものもあります。

失われた皮膚の角質層にある天然保湿因子や細胞間脂質と同じような働きをする成分をたっぷりの水分とともに与えることが重要です。

美容液を塗る量は、必ず説明書に書いてある量を守って塗ってください。

高額な美容液だからといって、塗る量を減らしたり逆に多く塗ったりしてしまうと、その美容液の効果が薄れてしまいます。

美容液を使う目的が二つ以上の場合、目的別に使うようにしますが、注意する点は、油分の多い美容液は後で使うという事です。

先に油分を多く含んだ美容液を使うと、油で幕をはってしまい後で塗る美容液の浸透を妨げてしまうからです。

しかし、美容液だけを過信せず、加えて化粧水と乳液による保湿も、美肌ケアの習慣にしたいものです。

自分にあった美容液をまんべんなく顔になじませるには、美容液の使用量を惜しまず、たっぷりと染みこませることです。

また、それぞれの美容液の効果を最大限に生かすには、使用上の注意を守る事が大切です。

3カラム構造